1ヶ月でも開業可能

通常であれば、事業を起こすときには中期から長期的な準備期間が必要です。その点、結婚相談所の開業に必要な期間は、短期間で済みます。理由は、開業に必要なものが少なく、自宅を事務所にすることも可能だからです。経営システムをサポートしてくれる母体に加盟しての開業であれば、さらにスムーズに開業にこぎつけることができるでしょう。

結婚相談所の開業までには、事業計画と集客準備、事務所設置、事前研修といった4つの大きな流れを踏まえておくとスムーズです。事業計画では、どのような事業形態をとるのか、経営規模はどのくらいにするのか、集客方法や料金体系なども決めていきます。開業してからの収益計画を長期的な視野で描いていけると、開業後に慌てずに済むでしょう。

集客準備は、事業計画が決まってからの本格的な始動となります。WEBやチラシなど、さまざまなツールを用いて集客を図る前に、入会規約なども細かく決めていく必要があります。法律に則った規約や契約書、重要事項説明書などを準備する必要があるため、ときには弁護士に相談するシーンも出てくるでしょう。事務所の準備には、ネット環境を備えたパソコンや電話、FAXなどが最低限必要ですが、他の事業に比べれば必要投資は少ないのが特長です。事前研修では、先達にノウハウをしっかり学びましょう。